こんにちは、ヤバい人です

2016年09月24日 10:34

お久しぶりのひまわり広場さんで歌ってきました。

またまたお店の雰囲気が変わっていて、

あんなほっこり和やかなお店なのに、

根底には攻め込む姿勢が常にあるんだなぁって思いました。


1.マゼンタと赤と三日月

2.秘密基地

3.体温

4.Motherland

5.ノラ~アルペジオver.~


昨年末辺りから、自分が認識している自分と、

他者が捉えている私の印象が、ずいぶんズレていて、

どちらかというと、他者が捉えている印象の方が的確らしくて、

後追いで自分が徐々に自覚し始めるパターンが続いている。


ずーっと、ポップだと思ってました。

当たり障りのない、そこそこ聴きやすい、特に引っ掛かりの無い、

いわゆる没個性な音楽やってると思ってました。

コードといい、歌っている内容といい、

とても“ポップ”などと言えるものではないらしい。

少し前に、

「精神はパンクだし、やってることはオルタナ寄りだよ。ポップだと思ってたの?」

って笑い飛ばされて衝撃でした。

パンクもオルタナも、音楽のジャンル分けはよくわからないけど、

日本で育って、聴こうとしなくてもそこら中でJ-POP流れているし、

何の知識も無く、赴くままに素人が音楽作ったら、

だいたいポップだろって思ってました。

いずれ自覚するんだろうか。


おとなしくて、穏やかに、目立たず、淡々と生きている、

人畜無害なキャラだと自負していたけど、

昨夜、「だいぶヤバい」とのお言葉を頂きました。(川道さん曰く褒め言葉)

基本的にネガティヴで、何においても自信など無く、

俯いてモサモサ生きているんですが、

唯一と言っていいほど、スパッと言い切れることがあって、

「好かれない・興味関心を抱かれない自信がある」

という事は何の迷いも違和感も無く言える。

ということをポロっと話したら、そういうところがヤバいということでした。

嫌われることに抵抗感もないし、好かれる努力をしたこともないし、

たとえ、相手が自分を嫌っていても、

自分から見た相手が猛烈に好印象だったら、勝手に好きでいられる。

好きだからって、別に無理に寄っていこうとはしないけど。

嫌いな人なんて滅多に居ない。

だいたいが、何とも思っていないか、好きかのどちらかに部類できる。

嫌えるほど、誰かに興味関心を抱かない。

執着が無いせいか、人間関係も常に半年~1年で次々と更新されていく。

せっかく仲良くなっても、1年後にはほとんど会わなくなってる事が多い。

仲違いとか、ハッキリとした理由はいつも無い。

なんとなく、お互いの状況の移り変わりで自然と遠ざかる。

こんなもんかぁって、やり過ごすことの繰り返し。

だからなのか、他者への興味関心が薄いくせに、常に、虚無感と寂しさがある。

その虚無感と寂しさを吸い込んで、歌を吐き出している感じ。


今更かよ!って、言われそうですが、無難な人間ではないんだなって、

ジワリと自覚してきました。

人見知りだなぁ、地味な性格だから集団の中に居るのもノリが合わなくて苦しいなぁ、

くらいにしか思っていなかったけど、何かが振り切れているようです。

そりゃ親しい人もなかなかできないわけだ。