わくわく

2016年02月02日 22:13

腐りかけたり、もう何年もノルマ全額負担しながらライブして、

「自分の音楽やライブには価値なんか無いんだ」って、悲しい気持ちになったり、

好きな事ができて幸せねって、

好きな事も苦しい時間の方が長いって事を知らない人に羨ましがられたり、

いろいろあるもんで。

自分の音楽やライブが誰かにとって価値が無くても、自分にとって価値があるなら、

堂々とやっていたらいいのかな、せっかくならわくわくできるように続けたらいいのかなって、

昨日から考えていました。


もうライブハウスじゃなくて、カフェやギャラリーで生音のライブがしたい、

自分にライブハウスは合ってないんだろうな、

なんて言っていたら、じわじわと活動の場が移行していけそうな兆しが見えてきました。

勝手にそうなったんじゃなくて、自分で動いたからなんだけど。

私は、黙って待っていても誰かがお膳立てしてくれるタイプじゃなく、

とことん自分で動かないと何も進まないタイプなもんで、

「いつの間にか…」みたいな展開は、まず無い。

それでも、動いたら思った方向へ進めるんだから、これでも恵まれている方なんだろうな。


3月以降、カフェやギャラリーでの生音のこじんまりしたライブが、

徐々に増えていきそうです。

コーヒーやご飯のお供にして頂けたら嬉しいな。

聴き流せるような、観葉植物のような、さりげない音になりたい。

アロマキャンドルのような声で歌いたい。

まずは、3月18日(金) 吉祥寺 sutekinaという、カフェバーで。