フライヤーが出来るまで

2016年10月29日 22:39

それっぽい感じの事書こうと思います。

それっぽいってなんだろね。


フライヤーができるまでの話。


通常のフライヤーも、イベントのフライヤーも、全部手作りです。

写真撮ったり、絵を描いたりするのが好きだから、

なんとなく、フライヤーに使えそうだなぁって思った写真を選んで使ったり、

あるいは、フライヤー用にと絵を描いたりして作っています。


前回、今回と、2回連続で絵を描いてイベントフライヤーを作りました。

今回のフライヤーは、河川敷で気分転換しながら下書きをしました。

場所を変えると作業が捗ったりするので、私の絵は結構、外で描いてる率が高いです。

こんな感じで、ユルめに下書きをして、修正しつつ線を清書して、色を塗りました。

色は、水彩色鉛筆を使いました。

見た目は普通の色鉛筆で、ごしごし色塗りすれば普通に色鉛筆のタッチで色が乗るんですが、

そのあと、水で濡らした筆で撫でるとボヤっとします。

水彩絵の具みたいに。


今回のフライヤーの絵は、前回のイベントで描いた絵本と同じタッチです。

って言っても、絵本付予約の方が少なすぎて伝わらないかと思いますが、

絵本は今回のフライヤーのようなタッチの絵でしたよ。

って事で。


完成した絵はスキャンしてパソコンに取り込みます。

前回のフライヤーは表面は全部手書きでしたが、

今回は、絵の下の余白にパソコンで文字を入れました。

そんで試しにプリントして、文字の位置を調整して出来上がりでした。


そんな、なんてことない平凡な流れでした。

って、書いてみて思いました(笑)


10/20のライブより、絶賛配布中です。