終わった

2016年07月23日 19:36

昨夜、三軒茶屋 GRAPEFRUIT MOONさんにて開催させて頂きました、

art event眠れない夜のために~第二夜~

ボロボロながらも、なんとか終えることができました。

お店の外にある看板も、こんな感じでご丁寧に書いて頂きました↓

足を運んで下さった貴重な数名のお客様、参加を快くOKしてくれた、

QiUさん、Remkeyさん、有賀桃子さん、母、

会場のスタッフの皆様、

たくさんたくさんお世話になりました。

いっぱい迷惑を掛けたことと思います。

無茶ブリもあったことでしょう。

お客様・参加者・お店の方の優しさに救われたイベントでした。

本当に有難う御座いました。

こんなに長期間、お知らせに時間を使ったけれど、

あちこちでフライヤーも配布したけれど、

広い会場の中は、あまりにゆったりしていて、というか、ゆったりし過ぎていて、

興味を持ってもらう・足を運んでもらう程の魅力が無いんだなと。

現実って残酷で、揺るがない事実だなって、改めて思い知りました。

心も体も痛い。悔しい。


それでも、内容は自信があるんです。

なんでかわかんないけど、自信があるんです。

昨夜、参加してくれたハンドメイド作家さんも、ライブをしてくれたももちゃんも、

実力あるし、心地良い雰囲気醸し出してくれる方々なんです。

母のパンも、本当お店に並べてもいいんじゃないか?くらい美味しいんです。

母も本気で向き合って作ってくれているから。

問題点があるとすれば、演奏においても雰囲気においても、

さほど実力も魅力も無い私がライブで参加してしまっているという点くらいで、

その点については次回からは自分はライブしない方向で考えています。


が、そこを改善しただけでお客様に来て頂けるようにも思えず、

すでに次回に向けて動いていますが、初回を終え今回の準備に入る時に比べて、

ちっとも希望が持てないというのが現在の正直な気持ちです。

続けられるんだろうか?と。

それでも、前に進んでみます。

メソメソしつつ、思い詰めて具合悪くなりつつ、仕方ないから現実は受け止めて。


気持ちがいっぱいいっぱい過ぎて、ほとんど写真を撮ることができませんでした。

こういう余裕の無さも、何かしらの悪い要素の一つなんだろうなと思いました。

歳はそれほど若くもないですが、心が青く、スグ余裕が無くなります。

私は弱い。

ステージ背面の照明部分で、QiUさんの布花作品と、私の絵でコラボ展示させて頂きました。

一部の絵は、この日、パン&絵本付のご予約の方のみにお渡しした絵本の原画です。

こちらは、QiUさん&Remkeyさんの作品販売コーナーで、

openからライブ中、ラストまで、ずっと、

誰でも自由に、好きなタイミングで見て、お買い物して頂けるようになっていました。


写真が無いのですが、有賀桃子さんのライブ終了後からは、客席後方の隅で、

カウンセリングっぽいことが体験できるコーナーも、

有賀さんにはやってもらいました。大人気コーナーでした。

ももちゃん、無茶ブリごめんね。応えてくれて有難う。